SDGs宣言

SDGsとは、2015年9月国連で採択された「持続可能な開発目標」です。「誰一人取り残さない」という理念のもと、「世界の貧困をなくす」「持続可能な世界を実現する」ことを目指した、2030年を達成期限とする17のゴール、169のターゲット、および、その進展を評価するための指針を持つ包括的な目標です。

図1.jpg

ジーパーツのSDGs宣言

私たちは自動車リサイクル事業を通じ『もったいない』の精神で、環境負荷の少ないリユース部品を国内外に発信し、利用促進を行うことで持続可能な循環型社会に貢献します。

ジーパーツはSDGSの下記内容に取り組みをしております。

図1.png

「つくる責任 つかう責任」については事業内容として最重要課題と捉え、自動車業界のみにとどまらず、様々な業界へ波及できる新しい取り組みを模索、挑戦していきます。

そして、近隣地域の取り組みにも積極的に参加し、地域に貢献できる企業体制を構築していきます。

使用済み自動車から再使用可能な部品を取り外し、全国に良質な商品を発信しております。

図1.png

2030年 CO₂削減目標  250トン

図2.png

従業員の健康促進に関しましては、年に1度インフルエンザワクチン接種の推進を行い、全員接種に向けて取り組んでいます。

昨今の新型コロナウイルス感染予防対策としましては、マスク着用の推進や消毒液配備、時差出勤や事務所の3蜜対策に着手しております。

図3.png
図4.png

消費電力の抑制と再生可能エネルギー使用拡大の推進するために、太陽光発電設備を導入しております。

また、倉庫・作業現場から照明器具をLED化し、社内全域に広げることでコスト削減にも取り組んでおります

2030年 電気代削減目標

図5.png
図6.png

当社では従業員採用に関しまして、国籍・年齢・性別・障害・学歴に関係なく起用しております。

女性活躍がまだまだ進まない業界で、専門知識の必要なフロント業務を女性社員が牽引しています。

また、定年を迎えられた方も積極的に採用しております。

図7.png

当社では、地域中学生の職場体験を積極的に受け入れ、環境事業である自動車リサイクル業界の啓蒙活動に取り組んでおります。

従業員に対しましては、スキルアップのための研修参加や各種免許取得支援を積極的に行っています。

図8.png

自然災害による被災地支援の活動に積極的に努めております。東日本大震災や大型台風による被災地の車両撤去に参加しました。

継続的に被災地支援、復興に貢献できるように、地域自治体と自然災害時の行動内容の取り決めを進めております。

図9.png

当社では海外事業者様とビジネス展開をしております。現在はフィリピンのパートナー会社様と継続取引を行っておりまして、
自動車部品にとどまらず、需要のある商品を提供することで、良質なMADE IN JAPAN商品の流通を促進しております。